ある人が破産を要請するまで借金のある当人に対しての電話を用いた借金取り立てと借金のある住居への直接訪問によった徴集は違法とはいえないということなのです。そして、自己破産申請の手続きに入ったのち申し立てまでに無駄な時間が費やされてしまった場合には無作法な返済強要をやってくる可能性が上昇します。債権人側からすると払込もしないままそれでいて破産などの法律上の対処もされないといった状況であれば組織内での処理をなすことができないからです。また、債権者の一部には法律屋に依頼していないと気づくと、厳しい締め上げ行為をしてくる人もいます。司法書士事務所か弁護士の人に依頼した場合、一人ひとりの債権保持者は負債者に対して直接取り立てを続行することが許されません。要望を受け取った司法書士法人あるいは弁護士は事件を担当するという内容の文書を各取り立て屋に配達し、各債権者がその文書を見たならば依頼者は債権者からの強行な返済請求から自由になるということになります。付け加えると、取立人が勤め先や本籍地へ訪問しての徴集は法の条項で禁止事項になっています。金貸しとして登録が確認できる業者であれば職場や本籍地へ行く収金は法律に違反しているのを把握しているので、違法であると伝達すれば、違法な収金を継続することはないと言っていいでしょう。申し立て後は、本人に向けた返済要求を入れて全種類の返済請求行為は禁止されていますから取り立て業者からの返済請求はさっぱりとなしになることでしょう。けれども、たまに知っているのに接触してくる債権者も存在していないとは思えません。登録済みの企業であれば、自己破産に関する申請の後の取り立てが貸金業法規制法のルールに抵触するのを把握しているので、その旨を言えば、そういう徴集を維持することはないと言えます。とはいえ闇金と呼ばれる会社に関しては予測外で強行な返済要求のせいで被害事例が増え続けている状況です。闇金が取立人の中にいる可能性があるときはどんな理由があれ弁護士の人や司法書士グループなどの法律屋に連絡するようにするのがいいと思います。