ローンしたケースは、返済自体をする時には利率分を含めての返済になるのは周知の事実です。ローン会社は利益をターゲットにした会社なのですから必然です。とは言っても支払う方は、わすかでも少なく払いたいというのが本心でしょう。利息制限法が適用される一世代前は、年30%近い利率を払っていましたが、設けられてからは高利子でも年率18%位と随分低く設定されていますので、随分良くなったと思います。この頃の融資の利率の範囲は4%位から18%位の範囲に決められていて、使用可能額により定められます。利用限度額は申込み本人の信用によって決定します。総量制限により年の収入の1/3までと指定されいますので、年収がどれほどあるのか?どういった職業についているのか?カードの使用状況はどうなのか?等が調べられ与信額としてキャッシングの内容が決められます。カードローンの場合利用可能金額が10万円〜800万円(各業者で内容は同じではありません)と広い幅があります。そうしてその幅の中で定めた使用可能額により利率も決まってしまいます。50万円なら年間18%、300万円なら年率12%、800万円なら年4%といった具合になるでしょう。結局、査定が高評価であれば、与信額も多くなり、利率も低いというわけです。この利子に疑問を覚えるのは私しだけでしょうか?余談となってしまいますが、金融会社にとって、これらの事実は問題がない事でしょうが、年の収入の良い人がローンサービスが必要と思えませんし、もしもキャッシングしたとしても利息が多かろうが少なかろうがお金の返済に追われる事はないでしょう。反って年収悪い人は直ぐにお金が必要だから融資を受けるという人がいて、利息が高いとお金の返済に追われることになります。ですから借り入れ可能範囲の低い人にこそ低利子で利用できるようにするべきです。この主張は使う立場としての意見となります。これらを念頭に置くと、金利を低くする為にはどうするべきか漠然と感じたと思います。現実、これから述べる方法で、申請する人が大勢いるので紹介しますと、キャッシングの手続きに申込みをする際に、年収の1/3ぎりぎりいっぱいで申込みをするのです。年収450万円なら150万円。年収600万円なら200万円。年収900万円なら300万円で申し込み、カードローン審査で全額通ればその分だけ利息が低いクレジットカードを手にすることができます。だからと言って上限ギリギリまで利用しなければならないわけでもないのです。10万円でも50万円でも必要な分だけ利用可能です。そして最高利用枠が300万円で最低金利年間7%位の金融会社も存在しますので、その会社に手続きをすればその業者の最低金利で返済できます。どう感じましたか?考え方次第で低金利のキャッシングカードを持つことが出来るのです。自身の収入とローン会社の利子を照らし合わせて、検討する事に時間を費やせば、より有利な状況で返済ができるため、面倒だと思わず調べるようにしましょう。